我が家のスマホの呪い事件

最近、我が家ではスマホの呪いに取りつかれている。それは何故かわからない。はじめのきっかけは旦那からはじまりました。

この間、パパが会社に報告書を届けに娘と神田まで出かけたのだが、最後、神田駅から私へ電話したあと、スマホがどこかにいってしまったのだ。

次は私の父がわが娘と買い物に出かけたのだが、スーパのトイレで用を足し、ドアをあけようとして振り向いたら、気づけばトイレのお水にゴールイン。水没してしまったのだ。

次に私の弟が仕事帰り、普通に道端を歩いていたら、何もないところでずっこけたらしく、ポケットからスマホが飛び出て、道路へ放物線を描きそのまま車の下敷きに。そして最後に私。

いつものようにスマホを操作し、電池が切れたから充電器に差し込み放置すること1時間。電源を入れようと思ったら、画面がエメラルドグルーンが表示され、携帯会社のロゴが筋が入って表示され。

しばらくすると、持っていたスマホが何故か?熱を持ち、急に電源がシャットダウン。それから、私のスマホは二度と息を吹き返すことはありませんでした。

そんなわけで、たった数日間の間で全員スマホが壊れてしまい、誰一人我が家に電話がつながりません。もし、連絡を取るならパソコンのスカイプのみ。

スマホってこうも壊れやすいのかと痛感させられる数日間でした。ある意味、ガラケーの方が丈夫で、ちっとやそっとじゃ壊れないし、料金も安いし。流行に釣られて変えるのではなかったと、激しく後悔しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>