冬といえば鍋、鍋といえば白菜。

採れたての白菜を旦那の実家からもらいました。
鍋にしようと葉を一枚一枚水で洗うのですが、その際に気をつけなければいけないことがあります。
それは、「虫」です。
新鮮だからこそ現れるのですが…。それが本当に大嫌いです。
葉の上の方がやたらと穴があり、大きくガッツリと食べられてるので、絶対にヤツラはいると思いました。
恐る恐る丁寧に洗っていると…いました。1.5センチ程のウネウネとしたヤツが現れました。
もうその瞬間わたしは鳥肌がぞぞぞ~っと出て大声で旦那を呼びました。
旦那にヤツを仕留めてもらってまた作業開始です。
確実にまだ奥まで続く大きな穴があり、その穴をよーく見てみると丸まっているヤツがいます。
最初に出てきた大きさと同じくらいのヤツです。
「また出たー!」と再び旦那に助けを求めて仕留めてもらいました。
イモムシのようにウネウネフニフニという動き方が苦手で仕方ありません。
私は半べそかきながら作業を再開しました。
もういないだろうと思ってすっかり安心しきっていると…。
シンクを3センチはあるであろう太めのヤツがニョキニョキニョキと意外と速いスピードで動いています!
もう、本当にびっくりしすぎて「ヒィィィーー!!」と叫んでしまいました。
本気で泣いてしまって旦那はそんな私に呆れ顔です。
嫌いなものは嫌いなんです、無理なんです。
二度と白菜はもらってくるなと言いました。新鮮なほど絶対にヤツは現れます。
今季何度出てきたことか…。白菜が嫌いになりそうです。いや、もう嫌いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>