ニキビができないために

beauty-1721065_640ニキビとは、生活の反映です。

思春期はホルモンバランスの影響もあるので、体が落ち着くまでは仕方がないことも少々ありますが、20歳過ぎてからのニキビは自分自身でどうにかすることは可能です。

まず、食事です。ニキビが出やすい人の食事を見ていると、大体が脂質過剰摂取の場合が多いです。

私も20代前半はコントロールできなく、ニキビができる時がけっこうあり、困っていました。

ニキビができやすい人は揚げ物や肉の脂身、ケーキやドーナツなどの脂質のデザート、更にドリンクまでこってりしたものを選択しています。

ニキビが出ていた人が脂質制限したことで額のニキビが消え、テカリまでなくなり、キメが細やかになった例も見ています。

過剰な摂取が体から出ているに過ぎません。ニキビがで始めたら、脂質の摂り過ぎを疑い、食生活を振り返ってみてください。

便秘も原因です。腸内が汚れていると必ず何らかの不調が体にでます。ニキビは体内の不要なものを肌から出そうとしているという話まで聞きます。

外に出るべきものは外にすぐに出しましょう。

できるなら、自分の腸内に合ったヨーグルトを探し、見つけて、毎日食べると良いです。腸内をキレイに保つと、ニキビは確実に減ります。今の私は出ないと言っても過言ではありまでん。

また、枕も原因の一つです。枕を洗うことを忘れてはいませんか?枕は意外と汚れやすいものです。髪のホコリも付きますし、寝ている時の汗の量は多いと聞きます。

それを、そのまま使用していると雑菌が毛穴に入るので、炎症が起きやすくなります。枕をできることなら洗濯しましょう。皮膚に触れるものは清潔に保つことも簡単にできることの一つです。

ニキビは体からの訴えです。体内でのバランスが崩れているというサインです。

耳を傾けて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>